東北研修スライドスナップ

1月18日ー19日と一泊研修でしたが東北の被災地

大船渡駅周辺開発のキャッセン大船渡 および 陸前高田市を
中心に研究会正会員および有志の皆様総勢19名での視察を行いました。当初の予定より寒くもなく好天に恵まれて幸いでした。

ここでは昼食に立ち寄った気仙沼港から大船渡、そして陸前高田その際のスナップ・スライドを掲載します。(一関までは往復新幹線を利用その後はチャーターバスで移動)スライドは容量をオーバーしたためビットレートを7掛けして一枚のスライドにしています。

大船渡駅からの移動は一部鉄道の代わりにできたBRT(BusRapidTransit)を使用しました。

現地ではキャッセン大船渡の臂(ひじ)徹取締役、陸前高田市復興推進課長村上弘人氏に解説をお願いしました。また短時間の視察でしたが陸前高田の語り部 新沼氏にご案内いただきました。

以上

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください