2021年のBINET戦略セミナー

BINET戦略セミナー210127
「医療とAI 活用について」(仮称)

1. 「ビッグデータ・AIが拓く医療の第三次革命 」

 近年注目されているビッグデータ・AIの医学・医療への応用は、今後、数十年継続する「第3次医療革命」を引き起こす。ここで第3次とは、抗生物質による細菌性感染症の激減という第1革命、それに続く、分子生命科学の発展による分子医学の席捲という第2革命に続き、それらに匹敵する根底的な医学・医療の改革が開始されようとしていることである。これまでの医学では、<医学研究者の関心や社会の要請>のもとに、一定の医学の対象領域が選ばれ、これまでの知識に基づいて、解明すべき未知の機序に対して仮説が構築され、それを実験を通して検証していく、「仮説駆動型」医科学によってなされた(K.Popper)。これに対して、ビッグデータ・AI時代の医学研究、すなわち「データ駆動型」医科学では、ゲノム・オミックスなどの網羅分子的データの収集から知識を生成するため、知識の深度は一様で、分野の境界に煩わされることはない(分野横断性)。そのデータは、一様な深さをもち「全体表出性」を持つ網羅的データである。本質的な低次元要因から生成される生成性をもつデータであれば、deep learning のautoencoderによって、「教師なし学習」によって自動発見される。網羅的データ-知識の自動発見―データの再合成という新たな知のオントロジーが科学を変革してゆく。
また医療においても、Personal Omicsによるモバイルヘルスとシステム医学が発展し、」治療医学ではなく予知制御医学、生涯にわたる医療が大きな位置を占めるであろう。

講師: 田中 博 氏 
東京医科歯科大学 医療データ科学推進室 
東北大学 東北メディカル・メガバンク機構

2.「医療AI研究の現状と今後の展望」

 近年機械学習(特に深層学習)技術の急速な進歩、安価で性能の高いGPUが利用可能になった事、またビッグデータ時代と呼ばれる時代に入り、公共データベースの拡充などにより、大規模データの利活用が可能になったことなどの理由により、人工知能(AI)技術への期待が高まっている。実際、顔認証や自動翻訳、また自動運転などAIの社会実装は急速に進んでおり、医療分野においても、既に60以上のAI搭載医療機器が米国FDAから承認を受けており、日本においても、PMDAに承認を受けたAI搭載医療機器の実臨床応用が進んでいる。本セミナーにおいては、CREST及びPRISMという国の大型プロジェクトを研究代表として、また文部科学省のAI戦略に関する中核機関である理研AIPセンターのチームリーダーとして医療AI研究を推進した経験に基づき、医療AIの現状と今後の展望に関して紹介する。

講師: 浜本 隆二  (はまもと りゅうじ) 氏
*国立研究開発法人国立がん研究センター研究所・分野長
*東京医科歯科大学大学院医歯学総合研究科・連携大学院教授(連携教授)
*国立研究開発法人理化学研究所革新知能統合研究センター・チームリーダー
*一般社団法人日本メディカルAI学会代表理事
*国立研究開発法人・日本医療研究開発機構(AMED)医薬品等規制調和・評価研究事業検討会委員

開催日時:2021年1月27日(水)13:30-16:00(オンラインで開催)

詳細は https://www.binet.co.jp/event/event.html#t01 をご覧ください。

2020年度のBINET戦略セミナー

今年度は新型コロナウィルスの感染問題の影響もあり、ウェブセミナーに置き換えたりしています。よって年内のセミナーにつきましては、空白状況が8月5日から続いております。

年内に開催を予定していますが、11月12月につきましては実施の確定している

テーマは限定されますがBMB研究会(https://www.bmb.or.jp)の例会セミナーをご参照いただきますようお願いいたします。さんかしゃには当日の録画が配布されますので大変お得になっています。よろしくご配慮お願いいたします。

セミナー事務局

量子コンピュータ実現に向けた取り組み

開催日時:8月5日(水)13:00~17:00
MS Teams によるオンラインセミナーとなります

講師陣:先に掲載したものと変わらず
内容は https://www.binet.co.jp/event/event.html#t01 をご確認ください
参加者には内容のビデオ(MP4形式)をダウンロードできるように配慮いたします
ぜひお申し込みください。(社内で活用できます)
会社を代表して、お一人様お申し込みください(費用は同じです)

5-6月に予定されていたセミナーは7-8月にオンラインで開催されます

DXを実現するためのデザイン思考活用のポイントと課題

開催日時:7月16日(木)13:00~17:00

MS Teams によるオンラインセミナーとなりました。

講師陣:1)1.13:00-13:50
「デジタルトランスフォーメーションの実践法  ー戦略、プロセス、組織、投資のマネジメントー」 講師:日本ITガバナンス協会 理事 博士(商学) 淀川高喜 氏

2)14:00-14:50
「デジタル・マインドセットとユーザーとデザイン」
講師:tensorX社 最高戦略責任者 / TDS社 DX室長  櫻井 亮 氏
3)15:00-15:50  「DX×サービスデザインの現場から」
講師:NTTデータ経営研究所 デジタルビジネスデザインセンター
シニアマネージャー 植田順 氏
4.16:00-16:40「企業経営(戦略)の観点からDXと変革フレームワークとしてのデザイン思考」
講師:ICT戦略コンサルタント 町田邦雄 氏

参加者は*MS Teamsによるオンライン視聴及び参考資料をこちらからご覧ください 入室にはパスが必要です。( https://www.binet.co.jp/event/memberonly/documents.html )

「DX実現のためのデザイン思考適用のポイントと課題(仮題)」

「DXリポート(2025年の崖)」が経産省から発表され、我が国でも多くの企業がDX実現に向けた取り組みを始めている。今回のセミナーでは
このDX実現に向けてデザイン思考の活用がどのようになされるのかそのポイントと課題を探ってみることにした。
多くの皆様のご参加を期待いたします。

開催日時:2020年5月27日(木)13:00-17:00
会場:都内調整中

1.13:00-13:50
「デジタルトランスフォーメーションの実践法  ー戦略、プロセス、組織、投資のマネジメントー」
講師:日本ITガバナンス協会 理事 博士(商学) 淀川高喜 氏

2.14:00-14:50
「デジタル・マインドセットとユーザーとデザイン」
講師:tensorX社 最高戦略責任者 / TDS社 DX室長  櫻井 亮 氏
3.15:00-15:50  「DX×サービスデザインの現場から」
講師:NTTデータ経営研究所 デジタルビジネスデザインセンター
シニアマネージャー 植田順 氏
4.16:00-16:40「企業経営(戦略)の観点からDXと変革フレームワークとしてのデザイン思考」
講師: ICT戦略コンサルタント 町田邦雄 氏

17:00 終了

DX時代を拓くローカル5Gへの期待

世界的に注目されている第5世代移動通信システム(5G)が各国で始まりだしました。5G時代においてはより一層の多様化が進むことが想定されるた め、携帯電話事業者による全国系のサービス提供に加え、地域ニーズや個別ニーズに応じて様々な主体が5Gを活用したシステム (ローカル5G)を導入が進められています。今回はこのローカル5Gをメインにして専門家にお話しいただきます。
多くの皆様のご参加を期待いたします。
=================
開催日時:2020年1月24日(金)13:30-17:00
会場:KPTスター貸会議室 市ヶ谷(都営新宿線市ヶ谷駅下車A3出口徒歩1分)
=================

1.13:30-14:10
「東京都のデジタル戦略 ~TOKYO Data Highway 基本戦略~」
講師:東京都戦略政策情報推進部ICT推進部 部長 荻原 聡 氏
2. 14:15-15:00「DX時代を拓くローカル5Gへの期待」
講師:(一社)WSN-ATEC 理事長 田丸 喜一郎 氏
3.15:15-16:00 「5Gの技術とサービスの概要」
講師:千葉大学 名誉教授 阪田 史郎 氏
4. 16:05-16:45「サイバー・フィジカル・システム テクノロジーカンパニー“に向けて」
(株)東芝 研究開発センター次長 斉藤 健 氏
質疑・名刺交換後 17:00終了
詳細及びお申し込みは
https://www.binet.co.jp/event/event.html#t02

2020年1月のセミナー

1.(一社)BMB研究会 「街を森にかえる<環境木化都市>を目指して W350計画」

高層、あるいは大型の木造ビルに取り組む北米の建築家やディベロッパーが増えている。 こんな中日本の大手ゼネコンなども高層純木造耐火建築物の建設に着手始めているが、今回の講演では2018年2月に発表された住友林業の構想を中心に話を聞きます。

================
開催日時:2020年1月15日(水)14:30から16:30 終了後18時ごろまで懇親会
会場:インテリジェントロビールコ(飯田橋駅下車地下鉄B4b出口すぐ軽子坂MNビル1階)
住所:新宿区揚場町2-1 電話 03‐3266-9311
================
【講演アジェンダ】
住友林業が昨年2月に発表した、W350計画の紹介。
2041年に地上350mの木造超高層ビルを中核とした環境木化都市の実現を目指す研究・技術開発構想。将来あるべき姿からバックキャスティングして、建築技術のみならず、木材活用、環境負荷
低減、住む人の暮らしをよりよくする技術にいたるトータルな取り組みを紹介。

講師:住友林業株式会社 理事 筑波研究所長 中嶋 一郎(なかじま いちろう) 氏

詳細は https://www.bmb.or.jp/openevent.html

2.BINET戦略セミナー200124 「DX時代を拓くローカル5Gへの期待」

2020年1月24 日(金)13:30~17:00
会場:TKP貸会議室市ヶ谷(都営新宿線市ヶ谷駅下車 A3出口 徒歩1分 )

講師陣
1) 13:30-14:15 「DX時代を拓くローカル5Gへの期待」 
要旨:
ローカル5Gが始動した。デジタルトランスフォーメーション(DX)
の重要性が叫ばれる中、ローカル5GがDX推進の切り札の一つとして注目されつつある。
本講演では、ローカル5GとDXを概観した後、DXにおけるローカル5Gの役割、
企業の取組状況とその課題を紹介する。
講師:(一社)WSN-ATEC 理事長 田丸 喜一郎 氏
2)14:15-15:00 「5Gの技術とサービスの概要」
アジェンダ:
1.携帯電話網の変遷と5G(=IMT2020)
2.5Gで提供される3種類のサービス(eMBB, URLLC, mMTC)
3.5Gで実現される無線通信技術
4.5Gで実現されるネットワークシステム技術
5.5Gに向けた実証実験
講師:千葉大学 名誉教授 阪田 史郎 氏
3) 15:15-15:55“サイバー・フィジカル・システム テクノロジーカンパニー“に向けて
1.5G/ローカル5Gに向けての東芝の取組み
+5G/ローカル5G通信インフラ実現に向けての取組み
+5G/ローカル5G時代の社会インフラ実現に向けての取組み
2まとめ
講師: (株)東芝 研究開発センター次長 斉藤 健 氏
4. テーマ:東京都のデジタル戦略 ~TOKYO Data Highway 基本戦略~
概略
東京都は、8月29日に「TOKYO Data Highway 基本戦略」を発表いたしました。
ビジネスや観光がグローバル化するなかで、5Gによるモバイルネットワーク網の整備が、 都市間競争を制するといっても過言では
ございません。そのような中、21世紀の基幹インフラは、 電波の道・モバイルネットワーク網であり、これを「TOKYO Data Highway」と名付け、 5Gネットワークの早期の構築に取り組むことといたしました。

講師:東京都戦略政策情報推進部ICT推進部 部長 荻原 聡 氏

詳細は https://www.binet.co.jp/event/event.html#t02

以上

12月セミナー

「DXレポート(2025年の崖)に関する諸施策と企業の動向」

BINET戦略セミナー191212
開催日時:12月12日(木)14:00-1700(予定)
会場:インテリジェントロビールコ
(飯田橋)D1会議室

経産省のDXリポート2025年の崖で注目が高まった形のデジタルトランスフォーメーションですがわが国ではまだまだという感じです。リポート作成者の一人である経産省和泉企画官と日本の代表的EC企業である楽天の技術研究所代表がその取り組みを披露します

1)DXレポート「2025年の崖」について
経済産業省商務情報政策局情報産業課企画官 和泉憲明 氏

2)「AI の最新トレンド、および、楽天技術研究所での活用事例」
「講師:楽天技術研究所 所長
エグゼキュティブオフィサー
森 正弥 氏

詳細は https://www.binet.co.jp/event/event.html#t01

ご期待ください

説明可能なAI (XAI)の動向と企業の対応

9月20日に実施されたBINET戦略セミナーのスナップをお届けします。
講師としてっはICTコンサルタントの町田邦雄氏、富士通研究所の2人:(西野氏、多湖氏)
アサヒビール 鈴木氏、日本IBM 平山氏でありました。

町田邦雄 氏
西野 琢也 氏
多湖 真一郎  氏
鈴木 重央 氏
平山 毅 氏